ハリネズミの持ち方 スキンシップの仕方

珍獣

ハリネズミの持ち方 スキンシップの仕方

ハリネズミの警戒レベル

警戒レベル1.
針を寝かせている

針が寝ている時は、ハリネズミ落ち着いている時リラックスしている時で、背中をなでてあげることもできます。時には猫のようにゴロゴロと喉をならすような音を出す場合もあります。


警戒レベル2.
頭の針を立てる

ハリネズミが不安や恐怖などを感じた時や、
警戒している時、怒っている時にまず頭の針を立てます。

頭部の針を逆立てて、顔を下げるようにして針を前に突きだすようなしぐさを
します。
この時シュ~シュ~という威嚇するような鳴き声を出す場合もあります。


警戒レベル3.
全身の針を立てる

さらに警戒レベルが高くなると、体の針も立てます。
これは強い警戒心や不愉快なことがある時の状態で、無理に触れようとするとより攻撃的に威嚇をする動作をしてきます。
落ち着くまで待ってあげるようにしましょう。


警戒レベル4.(MAX)
完全に丸くなる

警戒レベルが最大で完全に体を丸くし防御態勢をとります。


ころんの持ち方

1234

関連記事

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ

人気記事ランキング

新着記事