次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

モモンガの飛び方について調べてみた。

珍獣

モモンガの飛び方について調べてみた。
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

出典:http://lowch.com/wp-content/uploads/2015/10/momonga.jpg
http://blog-imgs-58.fc2.com/d/i/g/digicre55/lgf01a201312012200-2.jpg

モモンガはなぜ空を飛ぶ?

モモンガは基本的に木の上で生活をしており、
地上に降りる事はめったにありません。

夜行性であり昼間は巣穴の中で休んでいます。
夜になると木々を飛び回り餌を採集してくるのです。

例えばおいしそうな木の実が遠くに見えた時に
一刻も早くそこにつかなくてはライバルたちに先を越されてしまいますよね?

そこで彼らは空を飛び、木の実へ一直線にたどり着き餌を採取するのです。

出典 http://khasap.net

モモンガの飛行

階段の空間を飛行している。このモモンガはまだ幼いので、飛行訓練なのかもしれない。(体長からしてモモンガだと思われるが、小型のムササビかもしれない。)
北米の家庭では、けっこうペットとしてモモンガを飼っている。幼いうちから飼うと、人に良く馴れるところが人気らしい。

出典 http://pokkekun.jp

フクロモモンガ滑空練習

フクロモモンガの滑空

どのくらい飛べる?


滑空距離はは20メートル以上可能です。
滑空速度は秒速最大16メートル程度です。


どうして飛べるの?

モモンガには前脚と後脚の間の皮を使って飛でいます。
皮には針状になった軟骨があります。
皮をピンと伸ばすことにより効率よく空気受けることで滑空できます。

イメージとしては紙飛行機やグライダーと同じ原理です。

出典 http://1kuchi.way-nifty.com

解説 飛膜(翼膜)とは


鳥類以外の滑空または飛行を行う陸生脊椎動物の、主として前肢・体側・後肢にわたって張られた膜。

脊椎動物が飛翔(ひしよう)したり滑空するとき,広げて使う皮膚の膜で、
コウモリ・モモンガ・ムササビなどに見られる。

真の飛翔に役だつのはコウモリと絶滅した翼竜(プテラノドンなど)の飛膜flying membraneで,翼竜では前足の第4指が長く伸び,そこから後肢にかけて膜が張られるが,コウモリでは前足の第2~第5指が長く伸び,それらの間,および第5指と後肢,さらに後肢と尾の間に膜が発達する。コウモリの飛膜は,薄い2層の皮膚からなるゴム状の膜で,その間には膜を縮める筋肉があり,使わないときは膜を小さく折りたたむことができる。

出典|三省堂/大辞林、株式会社日立ソリューションズ・クリエイト/世界大百科事典

人はモモンガ以上に飛べる。ムササビよりもすごい! 


手足の間に布を張り、人間がモモンガのように空を飛べるようにした特殊な服「ウイングスーツ」を着用して滑空するモモンガ人

スリルありますね。

おまけ1 フライングスーツでの滑空


おまけ2 モモンガ人、ウイングスーツ姿でラトビアのテレビ塔から飛び降り滑空


モモンガ扇風機



扇風機の風を受けて飛ぶ練習をするモモンガ

飛膜を広げて風にのりながら 滑空する気分。その姿はかわいい。


どちらも滑空するけれどモモンガとムササビは、同じではない。


「ムササビ」と、「モモンガ」は、いずれもネズミ目リス科に属する夜行性の動物です。

どちらも樹上で生活し、飛膜を広げてグライダーのように滑空して樹木間を飛び移るなど、その生態も類似しているため混同されることが多いですが、別の種類です。

昔は同じ呼び方をしていた時代もあったようですが。

モモンガとムササビの違いの主なものは下記の通りです。
(詳細は別ページで解説)

①大きさの違い
ムササビの方が大きいです。
ムササビが小さな猫程度に対してモモンガは手のひらサイズです。

②目の大きさ
ムササビに比べてモモンガの方が体に対する目の割合が多いそうです。

③滑空
ムササビは100m程度に対してモモンガは通常20~30m程度滑空します。

扇風機にだまされましたフクロモモンガ


1
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

カテゴリー

月別アーカイブ